お金自動車を購入する際に加入が義務付けられている強制保険が自賠責保険です。自賠責基準の慰謝料は、自賠責保険が定めるものであり、自動車損害賠償保障法で損害賠償金の上限が定められています。この賠償金の中に、慰謝料も含まれているので他の基準よりも低めになっているのです。

基本的に入通院治療費は一律4,200円と定められています。治療期間と実通院日数を比較して、少ない方が採用されます。治療期間は事故から完治まで、もしくは症状固定日までの日数です。実通院日数は入院日数と通院した日数を足して2倍したもので計算されます。治療期間が90日、実通院日数が60日×2の120日となった場合は、少ない方の90日が適用されて慰謝料計算がされます。

強制保険ということもあり、最低限の慰謝料、怪我によっては最低限にもならない場合もあります。任意保険にも加入しているなら、任意保険基準でしてもらった方がいいでしょう。一番良いのは弁護士基準ですが、弁護士基準を苦手とする場合は任意保険基準にしてもらいましょう。ただ、任意保険に加入していない場合は自賠責基準になってしまうので注意です。保険はいざという時のためのものなので、余裕がある限り加入しておくことをオススメします。