慰謝料の弁護士基準とは

弁護士基準で慰謝料を請求する場合、自賠責基準任意保険基準とは大きく金額が変わります。ただ、金額が大きくなる分、弁護士への負担も大きなものとなるのです。そのため、交通事故案件に慣れていない弁護士の場合は、弁護士基準で慰謝料請求が出来ない人もいます。

本弁護士基準で慰謝料請求をする場合、赤い本と呼ばれる「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」と青本と呼ばれる「交通事故損害額算定基準」に記載されているものを基準とします。それなりの分厚さがあるため、この中に記載されている判例から被害者の判例に似た状況のものを探す必要があります。交通事故に強い弁護士であれば、慣れているでしょうがそれ以外の弁護士の場合は調べながらになるので時間がかかることもあります。交通事故に慣れていない弁護士を雇った場合、弁護士基準でお願いをしても自賠責基準と変わらない金額になるなど、弁護士の腕次第で慰謝料が大きく変わってしまいます。

慰謝料を請求するのですから、それなりの状態の人がほとんどです。腕の悪い弁護士に依頼してしまうと、あまり被害者にとってメリットがないまま弁護士費用を支払うことになります。慰謝料で損をしないためにも、交通事故に強い弁護士を雇いましょう。交通事故は全国で起こるものであり、交通事故に長けた弁護士は数多くいます。弁護士事務所の弁護士紹介でも得意な案件を記載してある所もあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考・・・弁護士法人アディーレ法律事務所